覚えておきたい、お中元のマナー

毎年、お世話になっている方へ贈るお中元。
日本人であるからには、きちんとマナーをおさえ、感謝の気持ちを伝える機会としたいものです。
一般的に関東圏であれば7月上旬から15日、関西の場合は7月下旬から8月15日までに贈るものとされていますが、この時期を過ぎてしまった場合には、立秋までは暑中見舞い、それ以降は残暑見舞いとして贈ることもできるようです。
また、贈る人によっては気をつけなくてはならない場合があり、公務員の方や政治家関係の方にはお中元は贈ってはいけない決まりとなっています。
受け取る側にも迷惑がかかってしまうため、注意しましょう。
最後にお中元の相場は一般的に、3000円から5000円程度が目安とされています。
目上の方には5000円、近い立場の親戚や知人などであれば3000円というように、区分すると良いでしょう。
せっかく心を込めて贈り物をする大切な機会なので、マナーを覚えて、贈る側も受け取る側も気持ちの良いイベントにしたいものです。

魅力的な建築CGパースであなたのプロジェクトを成功へと導きます

お中元 マナー関連ページ

更新情報ページ

お中元について知っておこう

お中元のマナーに関して

お中元のマナーについて

お中元のマナーについて

Copyright© お中元 マナー All Rights Reserved.

覚えておきたい、お中元のマナー
お中元 マナー