お中元 マナーについて

お中元のマナーについて

お中元はいつもお世話になっている両親や親戚、上司、得意先、仲人、お稽古ごとの先生などに感謝の気持ちを込めて品物を贈るものです。
かつては自宅へ持参するものが普通でしたが、近年はデパートなどから贈ることが多くなりました。
但し、規定で品物を贈ったり受け取ったりすることを禁止している会社もあります。
取引先や勤務先の上司には、贈る前に必ず確認しておくことが必要です。
贈る時期は地域の風習によって異なりますが、関西では7月下旬から8月15日ごろまでに、関東では7月上旬から7月15日ごろまで、贈ることが一般的です。
できれば相手の住んでいる地域に会わせて贈りましょう。
お中元を頂いたらお返しの品物は特に必要ありませんが、お礼の手紙は3日以内に出すのがマナーです。
お礼のメッセージと一緒に届いたものが、どう嬉しかったのか具体的につづると喜ばれます。
親しい相手なら手紙ではなく、お礼の電話をするだけでもマナー違反ではありません。

Copyright© お中元 マナー All Rights Reserved.

お中元のマナーについて
お中元 マナー