お中元 マナーについて

お中元のマナーについて

お中元を贈る際に何を選べばいいのか、いつ贈ればいいのか悩んでしまったことが誰でも一度はあると思います。
ここでは誰も教えてくれない「お中元のマナー」について説明したいと思います。
まず贈る時期ですが、6月中旬から7月中旬に贈るのが一般的です。
この時期を過ぎてしまう場合は「お中元」ではなく「暑中見舞い」や「残暑見舞い」として送りましょう。
また、日ごろからお世話になっていることへの感謝の気持ちを込めて贈るものなので、喪中などは特に気にする必要はありません。
(どうしても気になる場合は贈りたい相手方へ聞いてみましょう)のし紙は紅白の蝶結びに熨斗がついたものを使います。
この時に自分の名前を入れ忘れないように注意してください。
贈る品物は基本的に消費できるもの(無くなるもの)がおすすめです。
ただし甘いものが苦手な人にお菓子の詰め合わせを贈ったり、お酒が飲めない人にビールを贈ったりするのは失礼にあたるので、贈る方の好み・予算を踏まえて喜んでもらえそうなものを選んで贈るようにしましょう。

Copyright© お中元 マナー All Rights Reserved.

お中元のマナーについて
お中元 マナー